前へ
次へ

良い教育が受けられるようにすると

良い教育とは子供の個性をないがしろにせず、さりとて集団の規律などを無視せずバランスのとれた教育です。
学校で教えることはすべてがこれにかなっているわけではありませんが、最終的には子供の能力を偏りなく上げる働きをしています。
どんな子供でも必ずいいところが一つはあり、それを育てつつ他の能力を平均値程度にしていくのが理想です。
人間はあまりにも過度な期待をされてしまうと、それを実現しようとするあまり無理をしすぎてしまいます。
そうなるといくら実力があってもすべてに対応しきれず病気になってしまうことすらあるわけです。
子供は自由奔放に育て、親はそれを暖かく見守ってあげましょう。
学校での教育はよほどのことがない限り先生にお任せする形でよいです。
なぜなら、親は学校を信用して子供を預けているわけですから、ある程度先生が子供に対して指導をしたり、指示をすることに関しては納得すべきだからです。
子供の個性や好きなことは家で思う存分させてあげましょう。

Page Top