前へ
次へ

板書を写せば勉強は完了するのか

学校で授業を受けるときは教科書を使います。
教科書には習う内容が書かれていますがすべての内容が書かれているわけではなく、書かれていない部分は先生が捕捉しながら話してくれます。
そのため教科書だけで自分一人で勉強していくのは難しいかもしれません。
教科書を見ながらかつ先生の話を聞いて理解を進めていきます。
先生の授業の進め方は先生によって違い、とにかく話すだけの先生もいれば、黒板にポイントを書きながら話をする先生、先に黙々と板書を書いた後にその内容を口頭で捕捉するような先生もいます。
生徒からすると先生が書いた板書を写せば勉強は完了したと考えるときもありますが、それで済まないタイプの先生もいます。
生徒のためにテストに出る内容などを板書で書いてくれる先生なら、板書をしっかり書いておきそれを試験前に暗記すればテストでいい点が取れそうです。
一方捕捉内容を書くぐらいの先生だと板書を後で見ても何が大事だったのかが分からない可能性があります。
勉強を完了するには板書だけでなく話も理解して、その内容をノートに残す必要があります。

Page Top