前へ
次へ

ノートを整理し直すことで復習をする

学校の授業でのノートの取り方は人によって異なり、板書をただ写すだけでもノートの様子は結構違います。
ただ板書を写すだけの人もいれば、自分なりにポイント部分に色を付けたり線を引く人もいます。
板書以外に気が付いたことをメモ書きして捕捉しながらノートを作成する人もいます。
中学の授業では先生が板書を写す時間を取ってくれることもありますが、進学校になると授業のスピードが速いので板書の時間など取らずにどんどん進められるときもあります。
すると授業の中でノートがまとめられていない状態になり、後でノートを見ても意味が分からないときもあります。
そこでノートを整理し直す時間を復習時間として充てると良いかも知れません。
授業用のノートと復習用のノートを作っておき、授業用のノートを参考にしながら後で見ても理解できるようまとめます。
まとめる作業は結構考えるので、授業内容を定着させるのに有効かもしれません。
大学などに行っても活用できる方法です。

Page Top